#高利回り戸建リノベーション不動産投資

2022年01月04日

#高利回り戸建リノベーション不動産投資

 

戸建リノベーション投資とは、空家をリノベーションして、居住支援賃貸住宅として、生活保護者や低年金生活者に貸し出す不動産投資ビジネスです。 二階建てを1階と2階に分離して貸し出したり、部屋が4部屋以上ある都内の駅チカ物件は、高齢者シェアハウスにすることで、高利回りでの投資を実現します。 約1,000万円からの投資で、13%から18%の高利回りで、資産価値も向上します。 不動産安定投資では、業界No.1の成績と実績が国土交通省から居住支援法人として認定された、メイクホームグルーブにはあります。 不動産投資を考えたら、メイクホームグループへご依頼下さい。 居住支援賃貸住宅とは、生活保護者、高齢者、低年金生活者、障がい者などの生活弱者へお部屋を提供するセーフティネット法に則した国家プロジェクトです。 社会貢献をしながら、不動産投資をして、安定した高利回りから、資産を確実に増やすことが可能です。 メイクホームグループにて既にリノベーション後、賃貸経営している物件を2つ下記サイトでご紹介いたします。

 

また、内部留保を居住支援賃貸不動産投資へ 財務省が発表した法人企業統計によると、企業の利益の蓄積である2020年度末の内部留保は前年度末に比べ2%増の484兆円だった。2012年度以来、9年連続で過去最高を更新した。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて企業の経常利益は減少したが、先行きが不安定となる中で設備投資などに慎重となった結果、内部留保が積み上がったとみられる。しかし、増加幅は12年度以降で最も小さかった。製造業は3%増の167兆円、非製造業が1.4%増の316兆円だった。 内部留保を社会貢献形福祉不動産投資『居住支援賃貸不動産投資』へ回して下さい。預貯金などの内部留保は、課税される動きがあります。 障害者、高齢者、片親世帯、貧困層、外国人、生活困窮者の住宅は、極端に不足しています。 メイクホームグループが、物件の取得、リノベーション改築工事、入居者募集、管理まで全てをワンストップサービスして、安定的な利回り13~18%を運用管理致します。 住宅セーフティーネット法に則した国家事業です。高齢化社会で単身高齢者や足が不自由な方のバリアフリー住宅が少なく、高齢者施設と同様に、一般の賃貸住宅も入居待ちの状態です。(物件不足エリア:東京近郊の都心部) 内部留保を不安定な株に投資するのではなく、安定安心高利回りの『居住支援不動産投資』に回して下さい。 投資額は、1,000万円から可能で、物件取得費用や修繕費も含みます。一般の投資家様や海外の投資家様からも広く投資を受けています。 1年保有して頂けたら、満室状態にして物件を投資物件(オーナーチェンジ)として売買し、現金化での高額リターンも可能です。

 

●メイクホームグループ 

 

【メイクホーム株式会社】

【株式会社エースルーム】

【エース・リアルエステート】 

【エース引越サービス】

【合同会社緊急連絡先協会】

 

●早稲田店  

〒162-0041

新宿区早稲田鶴巻町557-3 新宿富久ビル4F

TEL:03-6265-9260 

 

●綾瀬本店  

〒120-0004

足立区東綾瀬1-4-11 パルローヤル1F

TEL:03-5856-0557

 

●横浜支店

〒221-0052

横浜市神奈川区栄町2-1 キコー横浜ビル7F

TEL:045-872-4606

 

●ホームページは、こちらをクリック➡️https://www.ace-room.jp/investment2/

リノベーション投資