#コロナ禍の賃貸マンション投資

2021年07月15日

#コロナ禍の賃貸マンション投資

不動産投資とは、不動産を対象とした投資。具体的には投資した不動産を他者に貸して、賃料収入などを受け取るインカムゲインと、その投資した金額以上での売却によるキャピタルゲインを期待する行為である。

 

メイクホームグループでは、コロナ禍での沢山の方の居住支援を東京都と協力して行っています。

国土交通省から認定された「住宅確保要配慮者居住支援法人」です。

生活困窮者=生活保護者のお部屋探し、生活保護住宅の供給、お引越し実務、生活サポート、家賃債務保証、緊急連絡先代行、見守りサポート、遺品整理や葬儀まで、トータルワンストップサービスを提供している日本で唯一の福祉機構です。

東京都の福祉課と提携し、居住支援企業としてサポートを進めています。

 

コロナ禍で、生活困窮者が増え、生活保護住宅が東京都内では、極端に不足しています。また、日本の高齢化社会、非正規労働者の増加で、現役時代に厚生年金に加入していない方の2割が、今後生活保護者になる可能性があります。

 

メイクホームグループでは、不動産投資にご興味があり、貧困弱者向け居住支援住宅に投資をしてくれるオーナー様を募集しています。

 

◆株や先物とは違う、安定した収入をお約束します。

 

株、先物、ビットコイン、FXのようなハイリスクハイリターンの投資ではありません。お客様からお預かりしたお金で、居住支援住宅を購入して、生活保護者に、家賃53,700円で、賃貸物件を貸し出します。

メイクホームがオーナーから借り上げて(サブリース契約)して、オーナー様へ毎月48,000円をお支払致します。募集後入居者が入らなくてもメイクホームから家賃相当額をお支払致します。投資額は、一口880万円です。

 

◆物件選び・リフォーム・入居者募集、面倒な事は全てメイクホームにお任せ下さい。

 

物件購入、入居者募集、物件管理などは、メイクホームグループがすべて行います。面倒な不動産知識やオーナー業務は発生しません。

物件も最短1年でオーナーチェンジで売却することも可能です。東京都内なら物件価値も普通下がりません。また、居住支援用に手摺やスロープを付け、高齢者や障害者向けのリフォームをするため物件価値は上がる仕組みとなっています。

 

日本人投資家だけではなく、国際事業部では、海外の投資家様からも沢山の投資を頂いております。

居住支援=社会貢献の不動産投資は、880万円からスタートできます。 

 

リスクが少ない不動産投資に是非ご興味がありましたら、下記へご相談して下さい。

 

世界の株高をリードしてきた米国の株高は、新型コロナ問題がきっかけであり、米国の株高は、コロナの金融緩和での一時的な現象です。米国がコロナショックからの回復をすれば、株式市場にとっての株バブルの追い風が弱まって、日本の株価も暴落し、正常な株価に戻ります。株式投資から、安定的な不動産投資に一部でも切り替えて、分散投資をしてリスクヘッジして下さい。

 

●MAKE HOME GROUP 

 問い合わせ先:03-6265-926

 

●早稲田店  

新宿区早稲田鶴巻町557-3 新宿富久ビル4F

 

●綾瀬本店  

足立区東綾瀬1-4-11 パルローヤル1F

 

●横浜支店

横浜市神奈川区栄町2-1 キコー横浜ビル7F

 

●ホームページは、こちらをクリック →→→→→ https://makehome.jp/investment/

不動産安定投資