外国人の日本不動産投資!

2021年04月22日

外国人の日本不動産投資!

区分所有マンション賃貸経営を始める外国人の方が急増しています。

コロナ禍で、世界的な大不況とパンデミックとなり、資産が目減りしています。

皆さんの資産を安定的に、増やすためには、資産の分散投資が一番のセーフティネットです。

日本の不動産は、外国人の方でも所有ができ、都内の中古マンションなら、約1,000万円から投資が出来ます。

メイクホームグループには、外人スタッフがいて、不動産の取得から運用まで、外国人スタッフがワンストップサービスを提供します。

メイクホームグループは、国土交通省から認定を受けた『住宅確保要配慮者居住支援法人』です。

国の政策である、『セーフティネット法』に準じて、生活保護・低年金・障害年金の方を対象にした、『単身者専用賃貸』で、これを今は『居住支援賃貸住宅』と言います。

メイクホームグループは、お客様の資産約1,000万円をお預かりして、800万円で、東京都内に中古の単身者向け区分所有マンションを購入し、リフォームを200万円でして、賃貸経営を代行します。

物件は必ず東京都内で探します。他の地域は、家賃が値崩れして、『居住支援』賃貸経営には向きません。

毎月の家賃収入は、家賃53,700円+管理費5,000円で、総家賃58,700円です。家賃のベースは、生活保護者の場合は、区市の自治からお預かりしますので、家賃回収も安定的です。

この金額は、東京都の生活保護単身者住宅付与の上限額です。

利回りは、4.5%~6.5%です。

メイクホームグループが物件取得、リフォーム、入居者募集、入居者管理、占有部設備メンテナンスなど、購入から物件管理まで、トータルワンストップサービスを致します。

オーナー様は、何もすることはなく、当社からの毎月送られる物件報告書を見るだけです。

家賃保証会社を必ず通す為、入居者が家賃を滞納しても、賃貸保証会社から家賃は送金されます。

その他のトラブルもメイクホームグループ、賃貸保証会社、損保保険会社で協議して、リスクマネージメントを致します。

入居者の負担で、火災保険に加入します。

日本は、深刻な高齢化社会で、今後は単身高齢者は更に増えます。格差社会で貧困層の生活保護者も増え続けているので、入居者ターゲットは、今の時代にマッチしていて、安定した満室経営をお約束致します。

株や先物、投資信託は、現在高値で推移していますが、景気や市場、政治的な動き、戦争や経済国際紛争に左右されます。 

貯金や定期預金も預けてもお金は増えません。

社会貢献になる『居住支援賃貸住宅』へ分散投資をお願いします。

生活保護者向け賃貸経営のリーディングカンパニーは、メイクホームグループです。

お客様の資産をお預かりして、安定した賃貸経営で、確実に資産を増やします。

 

●メイクホームグループ 

【メイクホーム株式会社】

【株式会社エースルーム】

【エース・リアルエステート】 

【エース引越サービス】

【合同会社緊急連絡先協会】

 

●早稲田店  

〒162-0041

新宿区早稲田鶴巻町557-3 新宿富久ビル4F

居住支援専用受付 ➿ :0120-118-814

 

●E-mail:ace@makehome.jp

 

●ホームページは、こちらをクリック→https://makehome.jp/bukken/

外国人スタッフ