安楽死・尊厳死法整備期待!

2020年07月26日

安楽死・尊厳死法整備期待!

尊厳死とは、人間が人間としての尊厳を保ってに臨むことであり、インフォームド・コンセントのひとつとされる。安楽死蘇生措置拒否 と関連が深い。

末期がん患者など治癒の見込みのない人々が、クオリティ・オブ・ライフ と尊厳を保ちつつ最期の時を過ごすための医療がターミナルケア、終末期医療である。クオリティ・オブ・ライフを保つための手段として、胃瘻の除去、苦痛から解放されるためにペインコントロール技術の積極的活用が挙げられる。無意味な延命行為の拒否 については、実際に死を迎える段階では意識を失っている可能性が高いため、事前に延命行為の是非に関して宣言するリビング・ウィル が有効な手段とされる。

後述のように当人の意思さえあれば尊厳死が法制化されている国がある一方で、国民的な支持はあるものの日本では事前に本人による嘆願・希望で治療を止めたことで、親族などから殺人だと訴えられる可能性がある 。日本では他国と異なり立法議論すら封じられてるために尊厳死を認める法律がなく、当事者本人が尊厳死を事前に希望する自発的安楽死も認めるべきと医療現場と当人の声は多い。私は、個人的な意見として、治療をしても治らなく痛みも伴い、生きていても希望も望みもないと本人が判断して、死を選んだ場合は本人の意思を尊重して、尊厳死・安楽死を認め法整備を早急に進めて頂きたい。私も視覚障がい者で、自分自身の死を毎日考えながら生きています。私も病気を持ち、いつ動けなくなるか分からない恐怖と闘いながら、関連会社の数多くの会社を経営し、一日一日懸命に生きています。病気や障害の苦しみは本人しかわかりません。最後の判断は、法的な整備も済ませて、本人に判断させて下さい。

メイクホームは、東京都の居住支援法人として、障がい者・難病患者・精神患者・生活弱者・超高齢者などのお部屋探しからお引越し、見守りサポートまで、精神誠意対応しております。「命を守る」活動をしています。

 

メイクホーム株式会社

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-4-11 パルローヤル1F

居住支援専用ダイヤル:0120-100-234

ホームページ<https://makehome.jp>